時代を超えて愛されるアンティーク!ちょっと役立つ豆知識でさらに深く理解しよう!

当サイトは時代を超えて愛されるアンティークの情報をご紹介しています。
ちょっと役立つ豆知識を掲載しているので、さらに深く理解するのに役立つ可能性があります。
西洋風のインテリアに最適な骨董家具についての情報にも触れているサイトです。
洋風インテリアを格上げしたい場合には、ぜひ参考にしてみてください。
さらにお部屋に取り入れたい骨董の雑貨についても解説しています。
家具よりも雑貨の方が手軽に取り入れやすそうに思う人におすすめです。

時代を超えて愛されるアンティーク!ちょっと役立つ豆知識でさらに深く理解しよう!

アンティークに関心があるけれど、難しいように思う人は多いのではないでしょうか。
そのような場合にはまず豆知識から得ておくのが良いかも知れません。
基本的にアンティークは100年以上前に作られているもの、とされていますが厳密に定義があるわけではないので比較的新しい時代のものもアンティークとして売られていることがあります。
頑丈な造りのものが多く、職人技が光るものが多いのも魅力です。
購入する時には専門店の利用が安心です。

中世ヨーロッパの雰囲気を感じられる西洋アンティーク

インテリアとしても魅力のある家具の王道といえば、中世ヨーロッパの雰囲気を感じられる西洋アンティークのテーブルやチェア、タンスなどに加えて存在感のある柱時計です。
いずれも贅沢に木材が使用されており、当時の趣を現在に伝えてくれる貴重な品々となっており、デザイン性の高さと美しさは他には代えがたいものがあります。
歴史を感じさせる風合いと落ち着きや安らぎを与えてくれる色合い、細部にまで反故個された細工には、細部にまで至る職人のこだわりや文様や流行などを垣間見られます。
よく見かける量産品とは違って、手で触れたり眺めたりすると一つ一つに個性があり、思いが込められていると実感できます。
また素材も注目して欲しいポイントです。
西洋アンティークには主流になった材質によって時代区分がされており、14世紀から15世紀までをオークの時代、15世紀中頃から16世紀初め頃までをウォールナットの時代、18世紀に流行したマホガニーの時代、18世紀から19世紀中頃までのサテンウッドの時代と呼ばれており、それぞれの材質によって風合いも違ってきます。
特に一部がワシントン条約附属書2に登録されているマホガニーを用いたアンティークは希少性が高くなっており、本物のアンティークと呼ばれています。

世界中の人々を魅了するアジアのアンティーク

アンティーク家具や雑貨というと、ヨーロッパテイストのイメージが強いかもしれません。
ところが実際にはアジアのアンティークが世界中の人々を魅了していることをご存知でしょうか。
実は日本や中国のアジアンテイストのアンティークも人気なのです。
日本の家具や雑貨というと、アンティークのイメージはあまりないかもしれません。
ですが、日本のちゃぶ台や文机、最近ではあまり見かけなくなった桐箪笥などは世界中で人気なのです。
また、日本は湿気が多い国のため、その湿気にも負けない日本製の家具は丈夫で長持ちするため、単にレトロなだけではなく人気が高いのです。
そして中国のレトロな家具も、欧米圏では馴染みのないデザインで、人気が高まっています。
欧米圏だけではなく、日本人の中にも中華雑貨は好まれています。
雑貨だけではなく、墨汁で描かれた掛け軸や、梅などが描かれた壺も人気が高いものです。
そんなレトロな品をぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

イギリスのアンティーク品なら専門店

長い歴史と伝統文化を持つイギリスのアンティーク商品は非常に人気がありますが、購入するなら住空間店舗空間を形づくるためすべての家具や雑貨を取り揃えている専門店がいいです。
イギリスのアンティーク商品を取り扱いしてる専門店は、実用の道具などこだわりの家づくりに欠かせないアンティークドアやステンドグラスを常設します。
またドアはサイズ調整や再塗装、ステンドグラスは修復やクリーニングを当店の工房にて行いドア金物、真鍮製や鉄製のサニタリー金物、水性塗料や家具用WAXなども揃えています。
家具ではダイニングチェアにキッチンチェアからソファやスツール、ベンチやカウンターチェアにダイニングテーブルや コーヒーテーブルやブックケースなどを取り扱いしています。
それから雑貨ではガラス瓶や陶器ボトルやグラスウェアやキッチン雑貨、キャンドルスタンドやステーショナリーやウィ リアムモリス雑貨などがあります。
そして家具は1年間の無償修理保証が付いているので、お客様の過失による破損以外は無償で修理してくれます。

日本人が愛してやまないイギリスのアンティーク

イギリスはアンティークの本場として知られています。
日本人に人気があり実際に様々なアイテムが販売されていますが、レースなどをはじめとした小物類だけではなく、アンティーク家具なども人気の理由の一つです。
なぜそこまで愛されているのか、その理由の一つにデザイン性が優れていること、また、大量生産品よりも丈夫に作られていることが挙げられています。
製作された当時は1つ1つが職人による手作りだったため、上部に作られるようになっているのではないかと考える人が少なくありません。
また、イギリス製品はシンプルな中にもお洒落で高級感を感じさせるところが人気の一因とされています。
浮彫など非常に凝ったものが多く、詳しくない人でも目を留めるほどです。
王朝ごとにデザインが変化しているところも、人気の理由の一つといいます。
その時期ごとにしか手に入らなかったものが現代に伝わっているということで、求める人が多いといえるでしょう。

珍しいアンティーク品を探すなら海外通販

アンティーク品を探しているけれど、なかなか希望に合った商品をお店で見つけることができないという場合には、ネット通販を利用してみてはいかがでしょうか。
ネット通販なら、海外の古くて珍しい商品を取り扱っているショップがたくさんあるため、日本では手に入れることが難しい商品を見つけることができます。
海外ではアンティークな商品がたくさん販売されており、海外通販を専門に行っているショップをチェックしてみると、古い時代を彷彿させるようなアイテムが見つかり、アンティーク好きなら見ているだけでも楽しめるでしょう。
このようなショップでは、レトロなデザインのポストカードやステッカー、スタンプやメモノートなど、持っているだけで気分が上がるような、お洒落で可愛いアンティーク品を取り扱っています。
古い物が好きだという方や、外国製の珍しい商品を探しているという方は、海外通販のショップをチェックしてみることをお勧めします。

アメリカで定められたアンティークの定義

アンティークに対しては様々な人が希少価値のある小道具や家具などを表すと考えていますが、アメリカでは法律で定義されていると知っていましたか。
1934年に定められたアメリカの関税法で、アンティークとは制作から100年たったものと定義されました。
このため、日本でもこの基準に習い、100年以上経過している物を呼ぶ傾向が強いです。
ただし、英国では大量生産していない物やデザインがある程度基準を満たしている物であれば、100年以上経過していない物であっても呼ぶことがあります。
なお、ヴィンテージは20年以上経過している物を呼ぶ傾向が強いため、大きく異なることが事実です。
うっかり間違えてしまう人は少なくありませんが、正確な意味が大きく違うため、できるだけ間違えないようにしてください。
購入するにあたり、その人がアメリカの関税法を理解して読んでいるのかを明確に理解しておくことは重要です。
適切基準を理解して買うことで、満足できるものを手に入れられます。

実用性を重視し庶民派のアンティーク

アンティークは時間が経過するほどにその魅力が高くなる物品があり、最初の販売価格よりも高額で取引される場合が少なくありません。
これは数量が少ないことで希少性があることと、欲しがる人が多く市場価値が下がらないというのが理由です。
このようなアンティーク商品は実際に使うこともありますが、コレクションで所有しているだけのオーナーが多くなっていますが、物品は使ってこそ価値があると言えます。
そのため、今は実用性を持たせて販売することも大切であり、一定の商品については使ってもらうことを目的にする必要があるでしょう。
アンティークの良さは古いのに耐久性があり、丁寧に使うといつまでも使用できるという点です。
これは現在の製法が大量生産と大量消費を求めて製造方法が変わってきているからであり、時間をかけて作られたものにはそれだけの価値があるという意味になります。
この耐久性を生かすためにもその形状は使いやすさを重視して、製造者側の拘りはあまり考えない方がいい製品ができます。
使ってもらってこそ物品は価値を高めていくので、これからアンティークになる可能性がある物品であっても、機能性を大切にした作り方を実施するようにしてください。

一般人には手に入らない本物の高級アンティーク

日本では高級なアンティーク品を手に入れることは難しいのではないかと考える人が少なくありませんが、全くそんなことはありません。
オークションを活用して手に入れることは可能です。
世界的に有名なオークションに参加することは可能といわれているため、確認して購入することで市場で見かけない物を手に入れられるようになります。
具体的に参加する方法となるのは、主催している団体の会員となることです。
その後、オークション会社が発行しているカタログを参考に参加するかどうかをチェックできます。
参加する場合には銀行の口座残高がわかる物を提出することで、参加が可能です。
入札も簡単にできるようになっているため、周囲の人の様子を確認しながらほしい物を落札できるようにしましょう。
直接会場に行くことが難しい場合には、オンラインでの入札も可能です。
また、電話や書面で入札することもできるため、自分に最適な方法でほしいアンティークを手に入れてください。

生活に彩りを加える独特な雰囲気を持つアンティーク

骨董品を意味するフランス語のアンティークは、日本では古風といった意味合いで用いられている言葉だといえるのではないでしょうか。
アンティークと名がつく家具や雑貨などのアイテムは、独特な雰囲気が魅力の1つで、部屋に置くだけで生活に彩りが加えられます。
大きさや材質、デザインはどれも多種多様で幅広いですが、雰囲気が人を引きつけたり魅力を感じさせるのは間違いなく共通のポイントです。
また素材の質感が活かされていたり、温かみも併せ持ちますから、所有するだけでも喜びが得られますし、触れたり手にする度に愛着が湧きます。
名前が書かれているわけではないのに持ち主に帰属するかのような、そういう持ち主に馴染む良さがアンティークにはあります。
デザインを見れば明らかに現代的ではなく時代を感じさせるものの、不思議と古さが感じられないのも魅力です。
アンティークは時代を超えて愛され続ける、揺るぎない価値を備えますから、探せば自分に合うものが見つかりますし、お気に入りを生活に加えれば彩りが増すのではないでしょうか。